血液検査

HOME < 外来検査 < 血液検査

ひと口に血液検査といってもその種類は2000を超え、日常の診療に用いられているものでも数百種類になります。

検血・血算

白血球(WBC)、赤血球(RBC)、血小板(Plt)、Hb(ヘモグロビン)=血色素量、Ht(ヘマトクリット)、MCV、白血球分類など

検査でわかるもの
骨髄で作られ、血管の中を流れている血液の細胞(血球)の状態が分かります。貧血、多血症、白血病炎症の有無など

肝機能検査

GOT(AST)、GPT(ALT)、ALP、LDH、、γ-GTP、ChE、T-Bil、ZnTT、アンモニアなど

検査でわかるもの
肝臓の細胞から流れて出てくる酵素の量や、肝臓で分解されたり合成されて出来てくる物の量を調べます。
見つかる病気、肝炎、アルコールや薬物による肝障害、肝硬変など

脂質検査

T-cho(総コレステロール)、TG(中性脂肪)、HDL-cho(いわゆる善玉コレステロール)、LDL-cho(いわゆる悪玉コレステロール)など

検査でわかるもの
血液の中を流れている脂肪分を調べて、動脈硬化を起しやすくないかどうかみます。栄養の状態も分かります。高すぎてはいけませんが、低すぎるのはあまりよくありません。
見つかる病気
高脂血症、高コレステロール血症など

腎機能検査

尿素窒素(BUN)、クレアチニン(Cr)、尿酸(UA)

検査でわかるもの
腎臓から、尿に排泄されるべき老廃物の量を調べて、腎臓の働き具合をみます。
見つかる病気
腎不全、高尿酸血症、痛風など

血糖

空腹時または随時の血糖、HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー、糖化ヘモグロビン)

検査でわかるもの
細胞のエネルギー源となるブドウ糖の量を測ります。HbA1cは過去1~2ヶ月の平均的な血糖の状態が分かります。
見つかる病気
糖尿病

血清検査

HbsAg、HCV、梅毒血清反応、リウマチ因子など

検査でわかるもの
肝炎のウイルスや梅毒にかかったことがあるかどうかまたリウマチの素因が分かります。
見つかる病気
慢性ウイルス性肝炎、梅毒など、関節リウマチ

電解質

ナトリウム(Na)、カリウム(K)、クロール(Cl)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、リン(IP)など

検査でわかるもの
血液中の、電解質(イオン)の量を調べます。
見つかる病気
内分泌(ホルモン)の異常、栄養の偏り、骨の代謝異常など/dd>

炎症反応

血液沈降速度(血沈、ESR)、CRP、など

検査でわかるもの
体の中で炎症が起こっていないかどうか調べます。/dd>
見つかる病気
感染症、膠原病(自己免疫の病気)など

膵機能検査

アミラーゼ、エラスターゼⅠ、リパーゼなど

検査でわかるもの
膵臓から出てくる消化酵素の量を調べます。
見つかる病気
慢性膵炎、急性膵炎など

筋源性酵素

CPK、LDH、アルドラーゼなど

検査でわかるもの
筋肉が壊されると出てくる酵素の量を調べます。心筋梗塞、筋炎、横紋筋融解症など

腫瘍マーカー

CEA、CA19-9、TPA、IAP、αFP、PIVKA-Ⅱ、NSE、SCC、PSAなど

検査でわかるもの
癌などの悪性細胞が作り出すたんぱく質の量を測ります。
見つかる病気
胃癌、大腸癌、肝癌、肺癌、前立腺癌、乳癌、すい臓癌、悪性リンパ腫など

免疫やアレルギーの検査

免疫グロブリン、リンパ球サブセット、抗核抗体、IgEなど

検査でわかるもの
免疫を担うたんぱく質の量や、リンパ球の種類、またアレルギーの引き金を引くIgEというたんぱく質の量を見ます。
見つかる病気
免疫不全、各種アレルギー性疾患、気管支喘息、花粉症、自己免疫疾患(膠原病)、アトピー性皮膚炎など

各種ホルモン検査

fT3、fT4(甲状腺ホルモン)、TSH(甲状腺刺激ホルモン)、コルチゾール(副甲状腺ホルモン)、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)、カテコールアミン、PTH(副甲状腺ホルモン)、バソプレシン(抗利尿ホルモン)、LH・FSH(女性ホルモン)、HANP、BNPなど

検査でわかるもの
体のバランスをとっている、ホルモンの量を測定します。
見つかる病気
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、甲状腺機能低下症、副腎の機能異常、褐色細胞腫、副甲状腺の異常、尿崩症、更年期障害、心不全など

出血凝固系検査

PT(プロトロンビン時間)、APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)、TT(トロンボテスト)、血小板凝集能など

検査でわかるもの
血の固まりやすさを調べます。
見つかる病気
出血傾向、血友病、DICなど

このページの先頭へ戻る

外来検査

クリニック一覧

当院のドクターがドクターズ・ファイルに紹介されました